住宅屋根で家相の悪い屋根の形はこれ!デザインや色でも最悪の運勢に

家相の基礎知識




昔ながらの日本家屋の住宅屋根といえば、瓦葺きの切妻屋根がもっとも一般的です。

 

その他に切妻屋根の変形版ともいえる半切妻屋根、二階家屋の差しかけ屋根、かつての城や神社仏閣に近い様式の入母屋昼根などがあります。

 

住宅屋根で家相の悪い屋根の形にすると吉相がひらけません!

デザインや色でも最悪の運勢(凶相)になります。

鋭い屋根や反った屋根も凶相になるので注意が必要です。

スポンサーリンク

家相で悪い屋根の形とは

さらに近ごろでは、方形屋根や片流れ屋根、西洋調に三角にとがった屋根、平らな陸屋根なども見かけます。

また堅根のデザインや色に遊びを取り入れた家が増えているようです。

 

もともと屋根というのは、雨や雪などの自然から家を保護する役目をもっています。

その点からいえば、その地域の自然環境に適したものであるのが一番です。

家相が悪い屋根の形

雨の多い日本では、平らな屋根や勾配がひどくゆるすぎる屋根は適していません。

雨の流れが悪く、湿気がたまりやすいうえに、雨もりも起こしやすいからです。

 

あまりに入目を引く屋根も、周囲の嫉みを買いやすい凶相となります。

たとえば、入母屋式でもとくに反りが深いものは、もともと寺社などの豪華さの象徴です。

一般住宅には向きません。

家相が悪い屋根の形

三角にとがった屋根や片流れ屋根も、人間関係のトラブルに見舞われる凶相です。

なかにはドーム調の屋根をつけた家を見かけることがありますが、これも当然凶相です。

建物の外観やデザインが目立ちすぎると危険!人の妬みや恨みを買いやすい?

 

あくまでこうした原則をふまえたうえで、屋根のデザインを楽しんでください。

家相で考慮すべき各間取りについてはこちら

関連:家相でみる玄関の吉凶方位とその対策とは!玄関は仕事運を左右する

家相のリビングで吉相を凶相にする犯してはならないタブーとは?

家相のキッチンでのポイントは火気と流し!凶方位は健康を損なう

寝室は最低でも6畳は必要!寝室の方角選びは幸福度が変わってくる!

 

家相で考慮するべき点についてはこちらの記事も参考にしてください。

関連:家相でみる土地と建物の関係とは?絶対に避けるべき凶相ってどこ

関連:家相の良い間取り例!重要なポイント8順序を図で紹介!

関連:家相で考える浄化槽・汚水管は建物の下に絶対に通すな!

コメント

  1. […] 関連:家相で悪い屋根の形とは?デザインや色で遊びすぎるのは最悪 […]

  2. […] 関連:家相で悪い屋根の形とは?デザインや色で遊びすぎるのは最悪 […]

  3. […] ⇒家相で悪い屋根の形とは?デザインや色で遊びすぎるのは最悪 […]