子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ

家相の間取り




子供部屋で重要なのは採光と窓、そして子供部屋の方角です。

子供部屋で窓は二つにすることと、子供部屋の方角を考える事。

これら二つが重要な理由を詳しくお話ししていきたいと思います。

 

近ごろでは、一人ひとりの子供に独立した部屋を与えることが多くなってきました。

子供の数が減ったせいもあるでしょうし、勉強のためには落ち着いたスペースが必要、ということもあるのでしょう。

 

独立した子供部屋をつくるかどうかは、親の考え方や、住まいの事情によりますから、家相の点からどちらがいいとは決められません。

 

しかし、もしも子供部屋をつくるなら、方位(方角)には十分注意が必要になります。

というのは、どこにあっても吉相となる大人の寝室とは違い、子供部屋は方位による吉相がはっきり分かれるからです。

家相の基本についてはこちらもご覧ください。

家相とは方位だけでない!どの部屋を誰が使うかで吉凶が決まる!

スポンサーリンク

子供部屋の方位で解決しよう!

子供部屋を吉方位にしたからといって、放っておいても百点が取れるとか、勉強しなくても大学に合格するわけではありません。

 

吉相の子供部屋は、

子供がもっている資質と能力を十二分に発揮できるようにするためのものです。

 

実際は、能力があるのに伸び悩んでいる子供は多いもの。

ひとつのことに集中できなかったり、親との信頼関係が育っていなかったり、学校での人間関係が余計なストレスをためこんでいることなどが原因です。

 

こうした障害は、子供部屋の方位をよくすることで、解決へと向かいます。

 

いじめ登校拒否から解放され子供らしさを

二つほど例を挙げておきましよう。

 

クラスでいじめにあい、登校拒否を続けていたある小学生は、子供部屋を北西から東南に移したところ、しばらくして学校へ行くようになりました。

 

北西の部屋を使っていると、

子供らしさがなくなり、生意気になったり、自分の世界だけに閉じこもりがちな暗い性格になります。

いずれにしても周囲の人には好まれません。

 

部屋を移動したあと、悩んでいた両親も「子供から笑顔を見せるようになった」とひと安心。

いじめの標的にされることはなくなったし、勉強にも積極的になったそうです。

 

周囲の目ばかり気にする子へ

こんな浪人生のケースもありました。

大学にいった友達に引け目を感じるのか、無理に見栄を張ろうとする

 

「試験の日は体調が悪かったけど、今度はバッチリだ」といってロクに予備校に行こうとしないし、海だのスキーだのに誘われると断れない、というのです。

 

彼の部屋は北東方位にあったのですが、これは周囲の目ばかりを気にする性格をつくりがちな凶相

アドバイスで北方位にあった父親の書斎を息子が使うようにしたところ、試験前の追込みに熱が入り、まずまずの大学に受かったそうです。

スポンサーリンク

子供部屋の良い方位とは

では、子供部屋を設けて吉となる方位をあげておきましょう。

 

【北方位の子供部屋】

勉強部屋としては最適。

思考力にすぐれ、意志の強い子供になる。

 

【東方位の子供部屋】

真面目で決断力のある子供になり、つねに仲間のリーダーとして信頼される。

 

【東南方位の子供部屋】

協調性があり、明るい性格になるので、先生にも友達にも好かれやすい。

 

【子供の十二支方位の子供部屋】

その子にあった目標を見いだし、能力を十分に発揮できる。

 

 

逆に凶となる方位は次のとおりです。

【北東方位の子供部屋】

負けず嫌いの性格が災いして、人の真似ばかりしたがる子供になりやすい。

一度失敗すると卑屈になり、家庭内暴力を引き起こすことも。

 

【南方位の子供部屋】

日当たりはよいが、実は子供部屋には向かない。

気持ちが集中できず、勉強より遊びに夢中になりがち。

 

【南西方位の子供部屋】

なにをやっても根気が続かず、中途半端になりやすい。

健康上もマイナスなので極力避けたい方位。

 

【北西方位の子供部屋】

子供らしい素直な明るさがなく、偉ぶって周囲に敬遠されたり、暗い性格になりがち。

一家の主人の定位なので子供部屋には不向き。

 

 

西方位の子供部屋は、使い方次第で吉にも凶にもなります。

 

西日で温度が上がるため、勉強の効率が上がりにくくなりますが、西日をさえぎる植本などを部屋の外に、観葉植物を部屋に置くことで、吉相となるのです。

 

また、西方位の供部屋は親の子供への愛情を強める働きがあります。

そのため性格のやさしい子になりますが、反面、甘えによる弊害も出てくる可能性があります。

過保護にならないよう、注意が必要です。

 

凶相の北東、南、南西、北西方位でも、それが子供の十二支方位にあたっていれば吉相になります。

たとえば子供が丑年や寅年なら、北東方位に部屋を設けると、着実に努力を積み重ねるしっかリタイプに育ちます。

 

なお、子供部屋は採光と通気をよくすることが必要です。

窓は一つではなく、二つあるのが理想

三面を壁に囲まれている場合は、換気孔などを設けて通気に配慮してください。

スポンサーリンク

子供部屋の改造例

子供部屋その1

子供部屋その2

各部屋別の家相についてはこちらをご覧ください。

家相でみる玄関の吉凶方位とその対策とは!玄関は仕事運を左右する

家相のトイレの方位が一番怖い!とくに北方位は絶対タブー!

家相のキッチンでのポイントは火気と流し!凶方位は健康を損なう

 

浴室の風水と家相での注意点!浴槽の湯の貯め置きはダメな理由とは

家相のリビングで吉相を凶相にする犯してはならないタブーとは?

寝室は最低でも6畳は必要!寝室の方角選びは幸福度が変わってくる!

コメント

  1. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]

  2. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]

  3. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]

  4. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]

  5. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]

  6. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]

  7. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]

  8. […] ⇒子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ […]