家相の間取り

玄関は家の家相を大きく左右し運勢も変える!凶相の場合の対処法とは

玄関は風水でも家相でも注意しなければならない。なぜならば、玄関は家の顔として、家相学上でも大切に扱うポイントだからだ。 今回は、玄関は家の家相を大きく左右し運勢も変える!そんな玄関の凶相の場合の対処法を話そうと思う。 玄関のインテリアが悪かったり、玄関の方角や家相が悪いと運勢を下げたり、体調が悪くなったりとおろそかにはできない。
家相のトラブル

高断熱や高気密の家は快適ではない?精神不安定などになりやすい!

家相のよい家とは、採光と通風に恵まれた家だ。 高断熱や高気密の家は確かに生活する上で快適と思われがちだが、必要以上に作り過ぎるのは家相上は危険なのだ! 日当たりがよく、風通しのよい家は、家の中の気がすばらしく、そこで生活している人間も活力に満ちていて、とにかく元気が出る家になる。
家相のトラブル

中庭のある家やL字型の家では家族がバラバラになり大切な物を失う!

住宅に関する雑誌や書籍を読んでいると、中庭のある家が紹介されているのが目につく。 この記事では、中庭のある家やL字型、凹形の家では、家族がバラバラになり大切なものを失う可能性が高くなることを紹介したい。 中庭のある家はどれも素敵にまとまっていて楽しい気分になる。しかしながら、中庭のある家は、家相上、大凶相の家なのだ。
家相のトラブル

家相でみる階段が中心にある家!こんな家は家族に事故や怪我が起こる

建物の中心に階段の家を目にすることが多い。 家相でみる階段が中心にある家について述べてみたい。 こんな家で生活すると、家族に事故や怪我が起こる傾向があるのだ。 中央階段の家とは、家の中芯近く、つまり中心に階段が配置された家のことだが、実はこの中心階段の家は、家相学上、最悪の大凶相で、私なら絶対に採用しない間取りだ!
家相の基礎知識

家の二階の間取りでやってはいけない家相のタブーとは

家相で考える家の二階の間取りにも家相のタブーがあることを知っておき、こうした不浄物を上手に配置する必要が出てきたのです。ここで家相上の二階のタブーをまとめておきましょう。 家の二階間取りにもトイレを設けてより便利にする傾向や、二階に若夫婦が住んで台所も浴室も一階とは別に設けてある住宅も出てきています。