ビルトインガレージの家は引きこもりや登校拒否が起きやすい!

家相のトラブル




ビルトインガレージの家はかっこいいしあこがれてますよね?

でも、ビルトインの駐車場はできるだけ止めた方が良い!

 

ビルトインガレージの家は扱いを間違うと、引きこもりや登校拒否が起きやすい危険な家相だからだ。

ここでは、ビルトインガレージの駐車場を取り上げて注意点を話していきたい。

スポンサーリンク

ビルトインガレージの恐怖!

家相を通していろいろな相談を受けるが、ここ数年、引きこもりや登校拒否の子供たちを持つ両親からの相談が増えている。

また、子供だけに限らず、大人の中にも引きこもるケースがあるので、非常に根の深い問題だと感じている。

 

引きこもりや登校拒否が心配される家相といえば、まずビルトインガレージの家があげられる。

 

ビルトインガレージとは、

家の中に車庫を取り込んだ間取りのことで、要するに部屋のかわりに車庫がある家

 

この車庫の部分は家相学上、凶相の欠けと判断するので、ビルトインガレージの家は、家の内部に大きな欠けを持った凶相の家となる。

スポンサーリンク

 

家の内部に凶相の欠けがあるということは、家の活力が落ちるということ。

欠けの部分はよどんだ空気がたまり、マイナスのエネルギーを帯びることになるからだ。

家相の欠けについては以下記事で詳しく紹介しています。

家相の欠けを補う方法はない?張りの効用で運勢を強く大吉相へ

鬼門方位に欠けのある家は大きく運勢を落とす危険な家相だ!

 

先日も、

「子供の元気がなくなり、学校に行かなくなってしまった

という相談を受け、県外まで出張をしてきたが、この家もビルトインガレージの家だった。

 

しかも、この車庫の上が子供部屋になっていた最悪のパターン

ビルトインガレージがあるだけでもマイナスだが、車庫の上部を子供部屋として使うことが最も危険なので、これでは子供が凶相の影響をまともに受けてしまう。

 

こんなときの対処法は、

中の出し入れ以外のときはしっかりとシャッターを閉めきること

車庫の内部から直接家の中には入らないこと

車庫の上部は子供部屋や寝室とせず、客間や納戸などで使用することだ。

 

本来は、この車庫を壊して部屋を増築することが最良だが、それができないときは、これだけの処置をしてほしい。

ビルトインガレージの家相については以下記事で詳しく紹介しています。

車庫の設計がダメなら健康が悪化!建物の中の車庫はできるだけ避けよ

 

私は、ビルトインガレージの家を設計しないと決めている。

たとえ施主から要望があっても残念ながらその要望にはこたえられない。

どうしてもビルトインガレージの家を設計してほしいといわれても、そのときは設計をお断りしている。

 

最初からつくらないことが理想だが、

つくってしまっている人たちは、車庫をやめて増築をするか、シャッターを開めきるなどの対処をしてほしい。

もし、引きこもりや元気のない子供たちがいれば、早めの対処が必要だ。

スポンサーリンク

井戸の上に部屋を作ると危険

また、先日受けた相談は、

「今まで使っていた井戸にふたをして、その上に増築したら、その部屋を使っていた主人が部屋から出なくなり、引きこもり状態になっている」

というものだった。

 

水の枯れていない井戸を、お祓いもせずにふさいでしまうだけでも怖いのに、その上に建物を増築してしまっては最悪だ。

 

その方には、「井戸の上に増築した部屋を使わず、神主を招いて正式にお祓いを行い、早急に井戸を埋め戻すこと」とアドバイスした。

 

ビルトインガレージの家や井戸の扱いを間違えると、引きこもりなどで家族の活力がなくなるので、十分注意をしてほしい。

子供部屋や二階の間取りついては以下記事で詳しく紹介しています。

子供部屋の採光と窓はとっても重要!子供部屋の方角が非常に大事なワケ

家相の二階の間取りでやってはいけないタブー

コメント