家相のトラブル

玄関前にトイレの汚水管を通すな!家族が原因不明の病気になる?

建物の床下や玄関前を汚水管が横切っている家では、家族の中に原因不明の病気が起きるケースがある。 この凶相は、家相に詳しい人たちでも見落としてしまうことの多い点なので、注意が必要だ。 家の床下や玄関前をトイレの汚水管が横切った家では、家族が原因不明の病気や霊障に悩まされる理由について話していこう。
家相のトラブル

高断熱や高気密の家は快適ではない?精神不安定などになりやすい!

家相のよい家とは、採光と通風に恵まれた家だ。 高断熱や高気密の家は確かに生活する上で快適と思われがちだが、必要以上に作り過ぎるのは家相上は危険なのだ! 日当たりがよく、風通しのよい家は、家の中の気がすばらしく、そこで生活している人間も活力に満ちていて、とにかく元気が出る家になる。
家相のトラブル

中庭のある家やL字型の家では家族がバラバラになり大切な物を失う!

住宅に関する雑誌や書籍を読んでいると、中庭のある家が紹介されているのが目につく。 この記事では、中庭のある家やL字型、凹形の家では、家族がバラバラになり大切なものを失う可能性が高くなることを紹介したい。 中庭のある家はどれも素敵にまとまっていて楽しい気分になる。しかしながら、中庭のある家は、家相上、大凶相の家なのだ。
家相のトラブル

キッチンの間取りと水回りの間取りに注意!家の中心は病気がちになる

あなたの自宅は、キッチンの間取りや水回りの間取りの位置を考慮していますか? 鬼門方位や家族の十二支方位、また家の中心に、キッチンの間取りや水回りの間取りが位置していると病気や体調に悩まされる危険な間取りとなるのです。 「家相が原因なのかもしれない」と悩まれるときは、病気や体調に関することが多いのではないか。
家相のトラブル

鬼門方位に欠けのある家は大きく運勢を落とす危険な家相だ!

家相をまったく考えないで建てた家と、家相を大切に考えた家の違いは、建物の構えに出ることが多い。 鬼門方位に欠けのある家は、建物の構えを悪くし、大きく運勢を落とす危険な家相です。 家相学上、建物の構えは長方形などの四角い形が無難で、凹凸の多い家は凶相とみなす。
家相のトラブル

こんな玄関はトラブルに遭いやすい!いじめやリストラに遭う家相とは

家相の十二支方位を聞いたことありませんか? 家相で考える玄関では方位は重要です。 家族の十二支方位に玄関がある家はトラブルに遭いやすい家相となります。 いじめやリストラなど努力の範疇を超えて災難が起こるのです。 では、そのような玄関がトラブルに遭いやすいのか、お話ししていこうと思います。
家相のトラブル

玄関が鬼門の方位にあると危険!金運も仕事運も全て恵まれない!

家相を大切に考えている人たちにとっては、「鬼門」に玄関を配置した家など、考えられないことだと思う。 玄関が鬼門の方位にあると危険なのだ。なぜならば、金運も仕事運も全て恵まれないからである。 「鬼門の玄関の家」は、凶相の家の代名詞ともいえる。 しかし、こんな危険な家も、残念なことに、よく見かける家でもあるのだ。
家相のトラブル

家相でみる階段が中心にある家!こんな家は家族に事故や怪我が起こる

建物の中心に階段の家を目にすることが多い。 家相でみる階段が中心にある家について述べてみたい。 こんな家で生活すると、家族に事故や怪我が起こる傾向があるのだ。 中央階段の家とは、家の中芯近く、つまり中心に階段が配置された家のことだが、実はこの中心階段の家は、家相学上、最悪の大凶相で、私なら絶対に採用しない間取りだ!
家相の間取り

住宅階段は災害を振りまく危険設備!家相での階段は設置場所に要注意

今回は、住宅階段は災害を振りまく危険設備であり、家相での階段は設置場所に気を付ける点について話します。 住宅設計や住宅設備で悩むのが階段をどこに設置するかという点です。 しかも、家相での階段は災害をふりまく厄介な設備です。 というのは、家の中での階段は、住宅設備的に考えて一番事故が多い場所といえるからです。
家相の間取り

床の間や神棚の方角はどっち?仏壇を祭るには意味と方角を理解して!

床の間や神棚の向きや方角はどっちが良いのでしょうか? 仏壇を祭るには意味と方角を理解する必要があります。 畳敷きの部屋の床の間に神棚・仏壇がある家は以前に比べれば随分減っています。 また、神棚や仏壇の意味を理解せず、仏壇はいらない、と考えている人がいます。 これは大きな間違いです。